食のニーズを円滑に仲介する食品流通企業

合食グループは、原材料・商品の売り手とマーケットのニーズをつなぎ、
円滑な販売につなげます。

荷受会社

創業時の拠点である神戸中央市場において、食の公正な取引を行う荷受業務(一次卸)を担うほか、函館や八戸、築地の各市場でも売買参加人として、様々な水産加工品の買い付けを行っています。

水産卸売事業

国内各漁港で水揚げされた水産物を中心とする原材料の卸売事業を展開しています。多くの食品製造業のお客様が、私たちの扱った原材料を元に、商品を生産し販売しています。

食品卸売事業

合食では、原材料を取り扱うだけでなく、加工食品の卸売事業も展開しています。そのチャネルは多様で、スーパー、コンビニエンス、外食産業を初めとして、飛行機の機内食や学校給食向けにも広がっています。

合食グループの展開する市場の一覧

神戸市中央卸売市場
近畿地区では、京都・大阪についで古い歴史を持つ中央卸売市場です。合食は農林水産大臣より認可を受け、市場内の卸売場でのセリを通じて、生産者や出荷者の商品を仲卸業者や売買参加者へ販売しています。

東京都中央卸売市場(築地)
国内最大規模の中央卸売市場として、もっとも活気のある市場です。合食は市場開設者より売買参加者としての認可を受け、各種取引を行っています。

函館市水産物地方卸売市場
海産物で有名な函館の水産物専門の卸売市場です。合食は市場開設者より売買参加人としての認可を受け、各種取引を行っています。

地方卸売市場八戸魚市場
イカを中心にカツオやサンマなどを水揚げする八戸市の漁港に3つの市場を持つ八戸魚市場です。合食は市場開設者より買受業務代理人としての認可を受け、各種取引を行っています。