沿革

昭和21年 創業者 砂川憲一が、兵庫県神戸市に瓶缶詰、乾物、海産物卸商「砂川商店」を設立
昭和22年 函館事務所を設立
昭和23年 農水産物瓶缶詰食料品の製造加工および販売輸出を目的とし、佐々義雄(佐々商店)、内田嘉十郎(帝国食品)の出資を受け、資本金50万円で兵庫県合同食品(株)に組織変更、社名変更
昭和25年 農林水産大臣より神戸市中央卸売市場卸売人(荷受会社)としての認可を得る
昭和29年 東京支店出店
昭和33年 神戸市中央卸売市場に本社を移転
昭和36年 製造事業に新規参入、函館におつまみ製造部門、朝日食品(株)設立
昭和42年 大阪支店出店、青森に東北地区販売部門かねへい食品(株)設立
昭和44年 (株)合食に社名変更
昭和45年 福岡に九州地区販売部門 (株)九州合食設立
昭和51年 呉のおつまみメーカー (株)大塩するめ経営権継承
昭和59年 北海道地区販売部門として(株)札幌合食設立
平成8年 八戸の冷凍食品メーカー(有)八戸協食より事業を譲り受け、冷凍・惣菜の製造事業へ参入
平成24年 朝日食品(株)、合食フローズン(株)、(株)大塩するめ、(株)アサヒサービス販売、朝日販売(株)を経営統合し、組織再編実施。
平成25年 (株)札幌合食を吸収合併し札幌支店として営業開始。